京都府警本部

京都府警本部

 京都府警は7日、駐車監視員の資格試験で採点ミスがあり、京都市の会社員男性(56)を誤って不合格にしていたと発表した。府警は男性に謝罪し、近く合格証を交付する。

 昨年10月に府公安委員会が実施した全50問の筆記試験で、男性の2問分を誤って不正解にしていた。男性は本来、合格点に達していた。府警交通指導課員が手作業で採点し、点検役の課員もミスを発見できなかったという。