近江八幡市立総合医療センター

近江八幡市立総合医療センター

 滋賀県近江八幡市立総合医療センターは7日、神奈川県迷惑行為防止条例違反の疑いで7月に逮捕された男性研修医(25)を停職6カ月の懲戒処分にした、と発表した。処分は8月6日付。同日、男性は依願退職した。

 同センターによると、男性は横浜市都筑区の駅前で、女性の下半身を触ったとして逮捕された。7月に被害者側と示談が成立したという。