京都大学

京都大学

 京都大は7日、人間・環境学研究科の元院生が、自身が所属する講座が発行する論文・研究報告集(紀要)に掲載した論文で盗用などの不正を行っていたと発表した。当該論文は撤回するという。

 京大によると、当該論文は、元院生が2009~12年に同研究科博士後期課程の共生文明学専攻の講座に在籍した時期に掲載された。計11カ所で出典を明記しない無断引用や着眼点の無断借用などが確認されたという。19年5月に盗用の疑いがあると京大に通報があり、調査を開始。元院生の博士論文でも一部盗用が見つかった。

 京大は論文のタイトルについて、執筆者が院生だったことを理由に明らかにしなかった。「紀要の配布先には不正や撤回について連絡し、当該論文からの引用拡大防止策を講じる」としている。