滋賀県警本部

滋賀県警本部

 生コンクリートの調達を巡る恐喝未遂事件で、滋賀県警組織犯罪対策課は5日、恐喝未遂容疑で、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の執行委員の被告の男(53)=京都市右京区太秦安井馬塚町、別の威力業務妨害罪で起訴=ら男3人を再逮捕し、同組合に加入する業者の社員ら男12人を逮捕した。一連の事件の逮捕者は27人となった。

 逮捕容疑は、同支部執行委員長の被告の男(77)=恐喝未遂罪で公判中=ら十数人と共謀し、東近江市の倉庫建設工事で、同組合加盟の業者から生コンを供給させようとしたが、大阪市の商社支店長の男性に契約を断られ、2017年3月に「大変なことになる」などと脅迫。その後、同年7月にかけ複数回、京都府八幡市の新名神高速道路建設工事現場で、同商社に生コンを供給する建設業者に「ダンプの車検証のステッカーが見えない」などと因縁をつけて業務を中断させ、今後も妨害を繰り返すとして脅した疑い。

 県警は容疑者15人の認否を明らかにしていない。