大型で猛烈な台風19号について、京都地方気象台は10日、京都府への最接近が12日午後になるとの見通しを示した。暴風や高波、浸水害、土砂災害への警戒が必要としている。

 台風が予報円の西側のコースを通った場合、京都府内が暴風域に入る可能性があり、昨年9月の台風21号に匹敵する強風が吹く恐れがあるという。12日正午から京都府全域で警報級の大雨や暴風となる見通しで、13日深夜まで警戒が必要。大潮の時期と重なるため高潮にも注意を呼び掛けている。

 彦根地方気象台によると、滋賀県への最接近は12日夕方から夜の初めごろとみられる。同日午後は暴風警報発表の可能性があり、最大瞬間風速は陸上、琵琶湖上とも35メートルの予想で、特に北西方向の風が強くなる。予報より西寄りを通った場合、さらに強風が吹く恐れもある。雨量は12日午後6時までの24時間に多いところで200ミリを予測しており、浸水害や土砂災害に警戒が必要という。