韓国の呉榮煥駐大阪総領事が14日、京都市上京区の京都府庁を表敬訪問し、在日韓国・朝鮮人が多く暮らす宇治市伊勢田町のウトロ地区について「(住民が)安心して居住できる環境整備をお願いしたい」と山田啓二知事に要請した。
 ウトロ地区では今月、地権者の企業と韓国政府の支援を受けた財団の間で土地売買が完了した。住環境の改善に向け、国と府、市でつくる協議会が今後、本格始動する。
 3月上旬に予定する帰任のあいさつで訪れた呉総領事は「日韓協力の象徴としてウトロ地区は立派なまちになってほしい」と述べ、山田知事は「うまくいくよう努力していきたい」と応じた。