保釈後、記者団に話をする周庭氏=11日、香港(ゲッティ=共同)

 保釈後、記者団に話をする周庭氏=11日、香港(ゲッティ=共同)

 【香港共同】香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で逮捕され、11日夜に保釈された香港の民主活動家、周庭氏が記者団の取材に応じ「拘束されていた間に日本の皆さんから応援や支持をいただいたと弁護士に聞いた。ありがとうございました」と日本語で語った。

 周氏は拘束されていた警察署の外で取材に応じ、逮捕容疑について「どういう理由で国安法違反に問われたのか分からない。国安法は政治的弾圧に利用するためのものだと思う」と語った。さらに香港の民主化運動のために闘っていく決意を表明した。

 香港メディアによると、香港紙の蘋果日報などの創始者黎智英氏も、12日未明に保釈された。