37度を超える暑さの中、行き交う人たち(2020年8月14日午後1時、京都市上京区の丸太町通)

37度を超える暑さの中、行き交う人たち(2020年8月14日午後1時、京都市上京区の丸太町通)

 朝から良く晴れた14日、京都市では正午に35・7度まで気温が上昇し、猛暑日となった。午後は今年最高となる38度が予想されており、熱中症の危険が高まっている。

 気象庁によると、正午までの京都府と滋賀県各地の最高気温は京田辺市で36・4度、大津市で35度、舞鶴市で34・6度などとなっている。午後の予想最高気温は京都市38度、舞鶴市と大津市36度。

 また、午後からは山沿いを中心に夕立の可能性があるという。