塩芳軒が発売した「塩よしの餡と最中」

塩芳軒が発売した「塩よしの餡と最中」

 京菓子店「塩芳軒」(京都市上京区)は、最中(もなか)を餡(あん)と皮に分け、浅煎りコーヒーに合う「塩よしの餡と最中」を発売した。京都大納言小豆を使用し、通常よりもみずみずしく口どけが良い餡に仕上げた。皮は2種類で、オーソドックスな最中の皮にはコーヒーに合うよう黒糖の風味を加えた。新提案の「お米のクラッカー」は薄くて食べやすく、餡との相性がいいという。限定160個。3500円(税別、送料別)。