キャラクターとの写真撮影を楽しむ来場者たち(京都市下京区・大丸京都店)

キャラクターとの写真撮影を楽しむ来場者たち(京都市下京区・大丸京都店)

 テレビアニメ「サザエさん」の放送50周年を記念した巡回展が、京都市下京区の大丸京都店内の大丸ミュージアムで開かれている。特殊メークアーティストが、肌の質感や髪の毛をリアルに再現したキャラクターの等身大人形などが並ぶ。

 サザエさんは1969年10月に放送開始し、昨年、50周年を迎えた。巡回展は昨年に東京で始まり、これまで大阪や新潟、長野など計7カ所で開いた。

 会場にはバス停や「磯野家」の茶の間を再現したセットが置かれ、主人公のサザエさんや父の波平さんなど7体の人形を配置。来場者はキャラクターと肩を並べ、写真撮影を楽しんでいた。アニメ映像に自分の声を吹き込んで再生できるアフレコ体験コーナーや、アニメの場面を再現したゲームコーナーもある。

 24日まで。小学生以上は有料。