大阪陸軍造兵廠の地下変電所を設けるために作られたとみられる穴。奥行きは50メートルにも及ぶとされる(南丹市園部町・五合山)

大阪陸軍造兵廠の地下変電所を設けるために作られたとみられる穴。奥行きは50メートルにも及ぶとされる(南丹市園部町・五合山)

 第2次世界大戦で、兵器生産を担った大阪陸軍造兵廠(しょう)の一部機能が京都府南丹市園部町に移されようとした事実は、ほとんど知られていない。移転が実現していれば、軍事拠点と見なされて園部は空襲の重要な標的となった可能性もある。記憶をいま一度、掘り起こす。

 同町の京都建築大学校と目と鼻の先にある五合山。背丈ほどもある草をかき分けて歩くと、高さ3メートル、幅4メートルの入り口を山肌に見つけた。中には水がたまる。約50メートルの奥行きがあるとされる。元歴史教員で「ボクらの村にも戦争があった」などの著書がある同町小桜町の田中仁さん(69)は「兵器工場に電力を供給する変電所の予定地だったと言われている」と話す。

 工場移転は、終戦前年の1944年の後半から始まった。造兵廠という一大拠点が壊滅的な打撃を受ければ、日本は戦力の多くを失う。工場を分けて被害を限定的にしようと考えられた。「本土決戦に備える態勢づくりだったのだろう」と田中さんは指摘する。

 なぜ、園部町だったのか。造兵廠に徴用された同市美山町野添の大東富造さん(95)はその頃、園部町を訪れた際、「亀岡は(平地で)敵に発見される。(山が多い)園部は最適。一刻も早く建築せよ」と幹部が口にするのを聞いたという。

■憲兵監視下で突貫工事、大砲組み立て

 平屋で、民家とほぼ変わらない大きさの工場は山や竹やぶに隠すようにしていくつも建てられた。現在の園部町小桜町や城南町に多かった。削られていない木が用いられ、突貫工事ぶりがにじんだ。工場の前面には、山を削った際に出た土で高さ2メートルの土塁を築き、周囲から見えにくくした。作業着を着た50~60人の工員が寺や神社、民家に身を寄せた。機密を守るため、軍刀を下げた憲兵がにらみをきかせていた。12歳だった小桜町の上野嘉雄さん(88)は「家に工員を受け入れたが、仕事内容は秘密だった」と振り返る。