躍動する日本とニュージーランドの選手、五輪旗を描いた田園アート(滋賀県米原市高番)

躍動する日本とニュージーランドの選手、五輪旗を描いた田園アート(滋賀県米原市高番)

 滋賀県米原市で盛んな陸上ホッケー競技をモチーフにした田園アートが同市高番の水田で見頃を迎えている。

 同市は東京オリンピック・パラリンピックのホストタウン事業としてニュージーランドのホッケー選手を受け入れる予定。田園アートは来年の大会成功と同国選手らとの親交を願って作った。

 地元の農事組合法人「エコファーム高番」の組合員が広さ28アールの水田に5月上旬、赤穂波や白穂波、日本晴など穂の色の異なる7種類の苗を植えた。育った稲穂が、躍動する日本とニュージーランドの選手や五輪旗を鮮やかに描きだした。

 組合員がこれまで水の管理や草刈りをするなど世話をしてきた。近くに設置されたやぐらから一望でき、8月末まで見ることができるという。