京丹後市の海岸に流れ着いた漂着物で作られたラジオ(京丹後市峰山町菅)

京丹後市の海岸に流れ着いた漂着物で作られたラジオ(京丹後市峰山町菅)

 芸術家が地域で過ごして創作活動する府の「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」事業で、京丹後市に滞在する芸術家の作品公開が同市峰山町泉の吉村機業旧織物工場などで開かれている。若手アーティストの視点や感性を介して丹後の文化を表現したアート作品が並ぶ。

 東京都や京都市の20代の芸術家5人が昨年と今年の夏に滞在して取材、制作した。ゲストアーティスト2組の作品も展示している。

 会場には鉱石ラジオの原理を用いて漂流物から作ったラジオをはじめ、京丹後の地形の造形美を表現した写真や、織物工場で演奏した音楽データを紋紙に変換して織った白生地など独創的な作品が並ぶ。

 14日まで、18~20、25~27日までの3会期で、午前9時~午後5時。無料。問い合わせは事務局の府文化芸術課075(414)4279