判決を聞く元巡査の男(手前)。左は井本光巡査部長の妻(イラストと構成・田村角)

判決を聞く元巡査の男(手前)。左は井本光巡査部長の妻(イラストと構成・田村角)

 滋賀県彦根市の交番で昨年4月に上司の警察官を拳銃で射殺したとして、殺人罪などに問われた当時19歳の元巡査の男(20)=懲戒免職=に対する裁判員裁判の判決で、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)は8日、懲役22年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 伊藤裁判長は「警察官への公の信託に背き、至近距離から拳銃を発射しており悪質。空前絶後とすべき重大事案。防犯カメラの映像でも攻撃を直ちにせず、警察官が拳銃を発射することの重大性を認識しており、適応障害などが強く影響したとの疑いを入れる余地はない」と述べ、弁護側の「心神耗弱状態で刑事責任能力は限定的だった」との主張を退けた。

 判決によると、元巡査は昨年4月11日午後7時47分ごろ、滋賀県警彦根署河瀬駅前交番(彦根市南川瀬町)で、上司の井本光(あきら)巡査部長=当時(41)、警部に昇任=に対し拳銃を2発発射。頭部と背中に命中させて殺害した。その後パトカーで逃走し、不法に拳銃と実弾3発を所持した。

 公判では、刑事責任能力の程度が争点だった。

 弁護側は、精神鑑定から「神経の高まりを抑える機能が低下し、衝動や行動を制御することは難しかった」と心神耗弱状態だったと主張。未成年が突発的に起こした犯行で深く後悔しているとして、減軽を求めていた。検察側は、責任能力に影響を及ぼす精神障害はなく、犯行前後の合理的な行動からも責任能力が著しく弱まった状態ではなかったと反論していた。

 大津地裁での公判では、元巡査が逮捕当時少年だったため、実名を伏せて進められた。被害者の妻は被害者参加制度を利用して公判を傍聴、証人として「厳しい処罰をお願いしたい」と述べていた。