<ソラドリWEB> 

 

 朝もやに包まれた山並みと、雄大な由良川の流れを見渡すように、3層4階の天守がそびえる。福知山城(福知山市)は、大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公・明智光秀が築き、現在も同市のシンボルとして地域住民に親しまれている。

 織田信長の命を受け丹波地域を平定した光秀は、1579(天正7)年ごろ同城を築いた。光秀は城下町を整備し、地子銭(地税)を免除するなど善政を敷いたとされ、市内には光秀をまつる御霊神社も鎮座している。
 

 

 明治時代の廃城令で城郭の大部分は破壊されたが、昭和に入って市民らが再建運動を展開し、江戸時代の絵図資料を参考に1986年に再建。築城当時の面影を残す石垣には、近隣寺社の石塔を破壊した「転用石」が使われている。
 
 ドローンの高度を徐々に上げていくと、天守の後ろに音無瀬橋の白いアーチが見えてきた。橋の手前に広がるやぶは「明智藪」と呼ばれ、光秀が城下町を水害から守るために築いたと伝わる。歴史上では反逆者として語られることも多いが、福知山では今なお名君として語り継がれている。