福知山市役所

福知山市役所

 京都府福知山市は19日、新型コロナウイルスに感染の疑いがあると虚偽の報告をした職員を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分としたと発表した。

 地域振興部三和支所の男性主査(47)は今年3月、架空の人物になりすまし、「市職員に新型コロナウイルス感染の疑いがある者がいる」と、うそのメールを市のホームページに送信。

 その後、発熱などの症状を訴え、PCR検査で陰性と判断されたが、「感染の疑いがあり、保健所の指示を受けている」などと虚偽の報告をした。主査は「体調が思わしくなく、大げさに言ってしまった」と話しているという。

 このほか、大江町内のポンプ更新工事で施設台帳を見誤り、本来設置するポンプとは別のポンプを発注・設置した上下水道部水道課の男性主査(31)と、その上司(47)を戒告、所属長(60)を訓告処分とした。

 大橋一夫市長は「心から深くおわび申し上げる。重く受け止め、再発防止に取り組んでいく」とコメントした。