京都芸術大への名称変更後も「上終町京都造形芸大前」のままになっている京都市バスのバス停(京都市左京区)

京都芸術大への名称変更後も「上終町京都造形芸大前」のままになっている京都市バスのバス停(京都市左京区)

 4月に「京都造形芸術大学」から名称を変更した京都芸術大(京都市左京区)前のバス停の名前が、「上終(かみはて)町京都造形芸大前」のままとなっている。同大学はバス停を管理する市交通局に名称の変更を申し出たが、同局は同大学と京都市立芸術大(西京区)が名称を巡って裁判で争っていることを理由に応じていない。訴訟は27日に大阪地裁で判決が出る予定。

 交通局によると、バス停の名前はもともと「上終町」だったが、1991年に開学した旧京都造形芸大の学生の利用が多く、大学前のバス停として定着していることから、2001年に現在の名前に変わった。

 京都芸術大は今年1月、大学名の変更に先立ち、バス停名を「上終町京都芸術大学前」に変更してほしいと要望した。「変更に伴う費用を負担してでも変えたい」と食い下がったが、交通局は「訴訟中」を理由に受け付けなかった。

 同大学は「議論を尽くせば理解をいただけると思っている」とする。一方、同局の担当者は「交通局としても困惑しているというのが本音。裁判の決着を見守るしかない」と話す。

 京都芸術大への名称変更は昨年8月、文部科学省が受理した。市立芸大は長年、「京都芸大」「京芸」などの略称でも親しまれているとして反発。同9月、名称の使用差し止めを求めて提訴した。