高田弘道署長から委嘱状を受け取る木下ほうかさん(京都府向日市上植野町・向日町署)

高田弘道署長から委嘱状を受け取る木下ほうかさん(京都府向日市上植野町・向日町署)

 俳優の木下ほうかさん(56)が京都府警向日町署の安全・安心大使に就任し、20日、向日市上植野町の同署で委嘱式が行われた。来年3月まで大使を務め、管内の防犯や交通安全のPRに取り組む。

 同署が、社会貢献活動に積極的な木下さんに同大使を依頼したところ、快諾を得た。木下さんはポスターなどの媒体で暴力追放や犯罪抑止などを呼び掛けるという。

 この日、木下さんは、高田弘道署長から委嘱状を受け取った後、管内の犯罪状況や対策について意見を交わした。「『こんなことくらいで』と思わず、不安なことは何でも警察や身近な人に相談するのが犯罪抑止につながるのでは」と訴えた。

 住民に対し、「悪徳役を演じることが多いのでそのイメージがつきがちだが、みなさんの安全のためにできることをしたい」と話した。