高気圧に覆われて猛烈な暑さとなっている20日、滋賀県東近江市で午後2時15分に観測史上最高となる39・2度を観測した。

 東近江市は、琵琶湖の東側の近江盆地東部に位置し、観測点は琵琶湖から離れている。日によっては、都市化の影響がみられる大津市や彦根市などより夏場の最高気温が高くなることもある。

 東近江市のこれまでの最高気温記録は2014年7月26日の38・8度だった。