かつて天満橋-浜大津間で運行されていた「びわこ号」

かつて天満橋-浜大津間で運行されていた「びわこ号」

 京阪電気鉄道(大阪市)は、かつて大阪と大津を結んだ列車「びわこ号」の運行終了50周年を記念し、びわこ号と同じクリーム色に塗装した列車を、9月14日から約4年間、石山坂本線で運行する。

 びわこ号は、1934年に天満橋-浜大津(現在のびわ湖浜大津)間を結ぶ直通列車として新造され、70年まで定期運行していた。

 14日から運行する車両には、先頭に「びわこ号色塗装記念」と書かれた記念ヘッドマークを取り付ける。また石山坂本線と京津線が1日乗り降り自由となる記念フリーチケット(1400円)も販売する。

 問い合わせは京阪電鉄お客さまセンター06(6945)4560。