滋賀県内の私立高で8日、合格発表が行われた。

 県によると、全日制の10校では2615人の募集定員に対して1万517人が受験し、1万219人が合格した。実質倍率は前年度と同じ1・03倍だった。立命館守山普通科の1・50倍が最も高く、比叡山普通科の1・05倍、近江商業科の1・04倍が続いた。

 定時制1校は定員160人に478人が受験し、403人が合格。実質倍率は1・19倍(前年度1・14倍)だった。