17歳で亡くなった兄哲也さんの遺影を見つめる常見さん(舞鶴市浜)

17歳で亡くなった兄哲也さんの遺影を見つめる常見さん(舞鶴市浜)

広島県江田島市に展示されている、陸軍海上挺進戦隊の使った攻撃艇の模型=同市観光協会提供

広島県江田島市に展示されている、陸軍海上挺進戦隊の使った攻撃艇の模型=同市観光協会提供

 終戦から75年。常見隆哉さん(85)=京都府舞鶴市=は「若い世代に事実を知ってほしい」と、兄・哲也さんの思い出を語った。

 1945年5月、フィリピンのルソン島で兄・哲也が17歳で戦死しました。陸軍海上挺進(ていしん)戦隊に所属し、貧弱なベニヤ板でできた小型の攻撃艇に爆雷を積み、敵船に突撃するのが任務でした。陸軍の水上特攻隊員で「秘密兵器」だったそうです。戦隊は陸軍船舶兵特別幹部候補生などから選抜され、未成年が中心でした。陸海軍で兄のように17歳の若さで戦死した人は少ないと思います。

 私と兄は舞鶴で生まれ育ちました。兄は正義感が強く、けんかも強いスポーツマンでした。舞鶴第二中学校(現・東舞鶴高)を出て陸軍船舶兵特別幹部候補生となり、44年4月に陸軍に入隊。家が貧しかったので家計を考え、自ら戦地に赴いたのだと思います。香川県の小豆島や広島県の江田島で訓練を受けました。母が小豆島まで面会に行きましたが兄には会えませんでした。訓練は秘密裏に行われていたようです。

 44年8月、学校から帰ると、兵隊姿の兄が突然、帰ってきました。私には「勉強をきばって親孝行せえよ」と言って、明るい表情でした。兄が帰った直後、母が仏壇の引き出しから兄の遺書を見つけました。兄は一切口にしませんでしたが、肉親への最後の別れを言いに来たのでしょう。遺書には「若年の身 皇師に従ふ もとより死を決す」「兄死して悔ゆるなし」と書かれており、私も続くように記されていました。兄は16歳。母は気が狂ったように絶叫して泣いていました。兄は広島から10月にフィリピンへ出港しました。

 戦時中は舞鶴にも空襲があり、学業どころではなく、食べるために必死でした。兄の消息は分からないままでしたが、48年になって戦死公報が届きました。しばらくして骨つぼも来ました。中には一粒の石しか入っていませんでした。

 78年になって夢のようなことが起こりました。兄の部隊長のお母さんから手紙が届いたのです。米兵が現地から持ち帰った、兄が所属していた部隊長の「陣中日記」が見つかり、すぐ家族で福岡県に向かいました。兄について書かれた記述もありました。

 陣中日記や引き揚げられた戦友の話を聞くと、兄は盲腸炎にかかり、仲間に背負われながらも命からがら生き延び、最後は敵陣に入っていって亡くなったようです。結局、攻撃艇は米軍の飛行機によって木っ端みじんにされ、隊員は乗船しないまま、陸戦で死んでいったようです。慰霊のために現地に行きましたが、「こんなジャングルの中で17歳の少年が闘ったのか」とぼうぜんとしました。

 悲しい歴史を一つの教訓として、戦争を二度と繰り返してはならないと思います。戦争の悲惨な経験が風化することを危惧しています。兄弟の絆は深く、兄のことを伝えることは自分の使命と信じ、回想記を98年に出版しました。一昨年には、兄の石碑を家のガレージに建てました。若い世代に事実を知ってほしいんです。

■陸軍海上挺進戦隊 太平洋戦争末期の1944年、船舶兵特別幹部候補生の少年兵を中心に編成した部隊。攻撃艇には自動車用エンジンが使われ、船尾に爆雷を積んだ。敵船に体当たりして撃沈するのが任務で、秘匿のために「連絡艇」と呼ばれ、略称は「(レ)(マルレ)」。沖縄やフィリピン、台湾などに派遣された。江田島市にある碑には、戦闘に参加した2288人中、7割にあたる1636人が亡くなったと記されている。