井伊直政が持っていたと伝わる太刀国宗の復元品(彦根市・彦根城博物館)

井伊直政が持っていたと伝わる太刀国宗の復元品(彦根市・彦根城博物館)

 滋賀県彦根市の彦根城博物館は、彦根藩初代の井伊直政が所持していたと伝わる重要文化財の太刀国宗の復元品を、同館玄関正面で常設展示している。

 太刀国宗は、鎌倉時代に備前国(岡山県東部)で活躍した刀工の2代目国宗が制作、現在は同館が所蔵している。展示の魅力アップのため、滋賀県東近江市出身の刀剣作家北川正忠氏に当初の姿に近い復元品の制作を依頼した。

 復元品は刃の長さ約70センチ。特徴である刃の反りや切っ先の小ささを忠実に写した。また制作時の様子に仕上げるため研ぎ減りを考慮し、現物より長さや幅、厚みを加えた。

 彦根城博物館は「井伊家の代表的な刀剣の当時の姿を、間近で見ていただければ」としている。見学無料。入館しなくても見学できる。