パトロールに出発する青色防犯パトロール車(京都府精華町桜が丘2丁目・山田荘小)

パトロールに出発する青色防犯パトロール車(京都府精華町桜が丘2丁目・山田荘小)

 登下校時などの児童の安全を守るため、京都府精華町桜が丘地区に青色防犯パトロール車が導入された。山田荘小(同町桜が丘2丁目)の校区内では、初めての導入となる。

 青色防犯パトロールは、京都府警の許可を得て住民が青色回転灯をマイカーに付けて走り、地域を巡回する活動。同地区で防犯活動に取り組む住民グループ「桜が丘見守り隊」が、メンバーの乗用車3台で運用する。

 このほど同小で行われた出発式には、児童や地域住民、木津署員などが参加した。見守り隊の八木章介総括隊長(77)は「変わったことがあれば、すぐに車を呼び止めて」と子どもたちに語り掛けた。同小の児童は「安全を守ってくれてありがとう」とお礼を伝えた。

 式の終了後、3台の車は回転灯を回しながら出発。一斉下校する子どもたちを見守り、地域内を巡回した。今後は同小の下校時間に合わせたパトロールや、地域の高齢者の見守りに役立てるという。