西岡善信さん

西岡善信さん

 映画美術の第一人者として、1950年代の「地獄門」や「炎上」から、平成の「利休」「たそがれ清兵衛」など、京都の時代劇や映像文化を70年にわたり支え続けた映画美術監督、プロデューサーの西岡善信(にしおか・よしのぶ)氏が11日午後7時22分、老衰のため、京都市内の病院で死去した。97歳。奈良県出身。

 京都・太秦を拠点に160本あまりの映画美術を手掛けた。大映京都で撮られたカンヌ国際映画祭グランプリ作「地獄門」(1953年公開)で美術を中心となって担うなど30代から頭角を現す。
 78年に始まった日本アカデミー賞では「鬼龍院花子の生涯」「陽暉楼[ようきろう]」「瀬戸内少年野球団」「利休」「豪姫」「女殺油地獄」「梟[ふくろう]の城」、2000年代に入っても「千年の恋 ひかる源氏物語」「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「最後の忠臣蔵」で最優秀美術賞を受けた。
 法政大在学中に学徒出陣。ソ連での2年間の抑留を経て帰国し、1948年に大映京都撮影所に入った。52年の「天保水滸伝」で美術担当としてデビュー。大映京都では「朱雀門」「弁天小僧」「ぼんち」「破戒」「雪之丞変化」「越前竹人形」「大魔神」など約100作を手掛けたが、71年に大映が倒産。翌年、撮影監督の宮川一夫さんら大映京都の技術者と「映像京都」を創立、2010年の解散まで代表を務めた。
 ち密な時代考証と映像美を併せ持った美術デザインを手掛け、「鬼平犯科帳」などテレビドラマの美術でも活躍した。
 プロデューサーとしても京都に多くの時代劇撮影を呼び込み、太秦の映画の灯を守った。若手映画人を育てる「KYOTO映画塾」塾長なども務めた。牧野省三賞。紫綬褒章、京都府文化賞、京都市文化功労者。京都新聞では2002年から「銀幕の画帖 西岡善信の描く京」を連載した。