大津署

大津署

 大津市議会の岸本典子議員(56)=共産党=が7月、同市内で乗用車を運転中、自転車の小学生男児と接触してけがを負わせながら警察に届け出ていなかったことが24日分かった。岸本市議は同日会見し、議員辞職願を市議会議長に提出して受理されたことを明らかにし、「警察に届けるべきで、道交法への認識が甘かった」と述べた。


 岸本市議によると、7月29日午後2時半ごろ、同市尾花川の市道を乗用車で走行中、近くの男児の自転車と接触。車中からけががないか尋ねたところ、男児が「大丈夫」と答えたため、警察に通報せず、その場を立ち去ったという。


 8月11日に同じ場所で「ひき逃げ事故」の情報提供を求める看板を見て、男児がけがをしたことを知り、大津署に出頭。翌12日に男児と保護者に謝罪した。男児は左手薬指の打撲の軽傷という。岸本市議は「男児とご家族に心からおわびする。任期(2023年4月)まで活動を全うできず申し訳ない」とした。


 岸本市議は07年に初当選し、現在4期目。施設常任委員長などを歴任した。辞職許可は、近く市議会本会議ではかられる。


 大津署は「交通事故として認知はしているが、詳細は答えられない」としている。