亀岡市役所

亀岡市役所

 京都府亀岡市は、国の特別定額給付金事業で対象外となっていた今年4月28日以降生まれの子どもにも、一律10万円を独自に給付する方針を決めた。2021年3月末までに生まれた子を対象とする。

 市は本年度一般会計補正予算案に関連経費5500万円を計上した。31日開会の市議会で議案が可決されれば、10月以降、申請を受け付ける予定。

 対象は、4月28日以降の出生時に市に出生届を出し、申請時点で保護者が市内在住であること。申請書は、受け付け開始前に生まれた子どもには郵送し、受け付け後は市役所で出生届時に手渡しする方向で検討している。

 市子育て支援課によると、新生児の保護者らから給付を求める要望も寄せられたため、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の一部を、充てることにしたという。