立命館大びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)

立命館大びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)

 学校法人立命館(京都市中京区)は25日、立命館大びわこ・くさつキャンパス(草津市、BKC)にある情報理工学部・研究科など京滋の2学部2研究科を、2024年4月に大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市、OIC)へ移転すると発表した。立命大はOICを開設した15年にもBKCなどから学部を移した。企業などとの連携をさらに進めるといい、大都市・大阪に力点を置く姿勢が鮮明になった。

 ほかにOICへ移転するのは衣笠キャンパス(京都市北区)の映像学部・研究科。立命館によると、25年開催予定の大阪万博を前に、両学部は情報通信などの在阪企業や自治体との関係構築を模索。メディアコンテンツ作成や情報通信技術を生かした社会課題解決の教育研究を進め、成果を国際社会にも発信するという。

 移転によって約1万5千人が学ぶBKCからは約2400人、1万3千人が学ぶ衣笠からは約660人の学生がそれぞれOICに移る。

 この日の会見で立命大の仲谷善雄学長は「大阪とのつながりをアートとデジタルテクノロジーを軸に強化したい」と話す一方、「両学部・研究科とも京都や滋賀との縁は保つ。立命館大を、関西エリアを拠点とする大学として発展させたい」と強調した。

 情報理工学部は04年、大学院の情報理工学研究科は12年の開設。最先端の情報技術の研究に取り組んでいる。映像学部は07年、大学院の映像研究科は11年にできた。京都の映画撮影所など地元の産業とも協力した授業で知られる。