食事の飛沫感染を防ぐため考案された「テーブル・マスク」。手で持ち、会話時は口元を覆う(京都市上京区・京都ブライトンホテル)

食事の飛沫感染を防ぐため考案された「テーブル・マスク」。手で持ち、会話時は口元を覆う(京都市上京区・京都ブライトンホテル)

	画用紙と不織布やコーヒーフィルターで作った「テーブル・マスク」。アレンジも可能という

画用紙と不織布やコーヒーフィルターで作った「テーブル・マスク」。アレンジも可能という

 新型コロナウイルス感染対策として食事中の飛沫(ひまつ)を防止しようと、嵯峨美術大(京都市右京区)の佐々木正子学長が、手に持って口元を覆うマスク「テーブル・マスク」を試作した。25日、上京区のホテルでマスクを使った試食会があり、ホテルや飲食店の関係者ら約25人が参加し、使い勝手を確かめた。

 京都府内でも飲食店でクラスターが発生しており、府は宴会の「きょうと5ルール」として大人数での飲食は自粛を求めている。だが佐々木学長は、飲食を伴う交流や研修などができない期間が長引くと経済や文化活動に影響を与えると懸念し、食事中に使えるマスクを考案した。

 新型マスクは、食事中にマスクをかけたり外したりする必要がないよう、うちわのように手に持てる形にした。試作品は、厚紙で持ち手と枠を作り、市販の不織布マスクやコーヒーフィルターをホチキスで留めている。試食会では、参加者が食事を楽しみながら、会話の時はマスクで口元を覆っていた。

 参加した京懐石「竹茂楼」(左京区)の中山公平ゼネラルマネジャーは「楽しい会食に対話は欠かせない。新たな提案はうれしい」と興味深げだった。「テーブル・マスク」は、リボンを付けたり模様を入れるなどしてアレンジできるという。今後は医療関係者のアドバイスを聞きながら改良し、市販も検討するという。佐々木学長は「京都発の新しい感染防止マナーとして広めていきたい」と話している。