京阪電鉄宇治線の車内で「おうじちゃま」との触れ合いを楽しむ親子連れ(宇治市宇治・京阪宇治駅)

京阪電鉄宇治線の車内で「おうじちゃま」との触れ合いを楽しむ親子連れ(宇治市宇治・京阪宇治駅)

 京阪電鉄宇治線の車内と駅で京都府宇治市の魅力をPRするイベントが9日に行われた。乗客たちは、ゆるキャラとの触れ合いやアニメのパネル展を楽しみ、茶の飲み比べなどを体験した。

 市と市観光協会、京阪ホールディングス共催の初のイベント。宇治線でつながる京都市伏見区との観光連携を深める狙いもある。

 参加者100人は、中書島駅(伏見区)から車両に乗り込んで出発した。ご当地キャラ「チャチャ王国のおうじちゃま」と市宣伝大使「ちはや姫」が乗る車両で、記念撮影やゲームを楽しんだ。

 別の車両で参加者は、茶業関係者の指導を受けながら石臼で茶葉をひいた。

 到着した京阪宇治駅には、茶団子や茶器などのほか、伏見区の業者が日本酒や肉料理を販売するブースが設けられた。人力車やくみひも作りなどの体験もあり、参加者は宇治観光を満喫していた。