滋賀県警本部

滋賀県警本部

 滋賀県警は26日、特殊詐欺目的とみられる不審電話が同日に県内の高齢者宅などに23件相次いだと発表した。金銭の被害はなかったが、注意を呼び掛けている。

 県警生活安全企画課によると、電話は午前10時~午後3時ごろ、野洲市内で12件、近江八幡市で9件、彦根市で2件確認された。警察官を名乗る男が「捕まえた犯人が銀行員だった。キャッシュカードがなくなってないか」などと話したという。県警は「不安をあおるような電話は全て詐欺。留守電にし、犯人と直接話さないようにして」としている。