【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州の仮釈放委員会は26日、1980年にビートルズのメンバーだったジョン・レノンさんを射殺し、服役中のマーク・チャップマン受刑者(65)の仮釈放申請を却下したと明らかにした。申請が却下されるのは今回で11回目。米メディアが伝えた。

 委員会は19日にチャップマン受刑者と面会した上で、却下を決めたという。同受刑者は禁錮20年以上の不定期刑で服役しており、仮釈放申請を繰り返している。