京都市立芸術大の訴えが退けられたことを受けて取材に応じる門川市長(27日午後3時すぎ、中京区・市役所)

京都市立芸術大の訴えが退けられたことを受けて取材に応じる門川市長(27日午後3時すぎ、中京区・市役所)

 4月に京都造形芸術大から大学名を変更した京都芸術大(京都市左京区)を運営する学校法人瓜生山学園(同区)に対し、類似の表示を禁じる不正競争防止法に違反するとして、京都市立芸術大(西京区)が新名称の使用差し止めを求めた訴訟の判決で、大阪地裁(杉浦正樹裁判長)は27日、訴えを棄却した。同学園が「京都芸術大学」の名称を使用することが司法の場で認められた。

 似たような名前の大学を名乗ることは許されるのか―。京都芸術大(京都市左京区)の名称を巡る27日の大阪地裁判決は、原告の京都市立芸術大(西京区)に全国規模の著名性はなく、「市立」の有無で両大学は区別でき、類似していないと結論付けた。

 学校名を巡っては、青山学院大学(東京都)を運営する学校法人青山学院が、広島県呉市青山町に2000年に開校した「呉青山学院中学校」を運営する学校法人に名称の使用差し止めを求めた訴訟がある。

 東京地裁は01年、「『青山学院』の名称は著名になっており、『呉青山学院中学校』という名称は青山学院と関連がある学校だという観念を想起する」などとして、青山学院の訴えを認め、「呉青山」側に名称の使用差し止めを命じた。

 今回の大阪地裁判決は京都市立芸大に青山学院大ほどの全国的な著名性はないと判断したと言える。また「青山学院」には固有名詞としての強い識別力があるが、市立芸大の「京都」や「芸術」は所在地や学術分野を示す一般名詞で、他大学と区別するには必須ではないと退けられた。

 市立芸大は今月21日、「京都芸術大学」の名称は商標権を侵害しているとして、使用差し止めを求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。今回の判決の影響は避けられないとみられ、立場は厳しくなったと言えそうだ。

■京都市長「混乱解消せず」

 京都造形芸術大から校名変更した京都芸術大学(京都市左京区)を運営する学校法人瓜生山学園に対し、京都市立芸術大(西京区)が大学名の使用差し止めを求めた訴訟の判決が27日あり、訴えが棄却された。市立芸大の設置者である京都市の門川大作市長は「残念」と述べ、「校名の混乱は解消しない」と判決への不満をあらわにした。報道各社の取材に答えた。