この夏、9年間住んでいた京都を離れて東京に引っ越した。ボーカルの畳野彩加さんは昨年の夏に、ドラムの石田成美さんは今年の春に、京都からそれぞれ東京と栃木に引っ越していて、じわりじわりとメンバーが上京する、という一風変わった形で一年がかりで拠点を東京に移した。はなればなれだった4人の生活がまた近くになった。

 京都を離れるきっかけなんて数えだしたらきりがないのだけれど、Homecomingsが大事にしている「それぞれの生活を大切にしてなるべくこの4人で続けていく」ということを考えた結果、が一番だ。

 聴いてくれている人の生活の一部になるような音楽は、作り手の生活から生まれる。料理をしたり、洗濯物を干したり、大事な人と暮らしたり、電車に揺られたり、そんな毎日にすっと体を預けたままにしないと気づけない、小さな寂しさやよろこびや匂いがあって、僕たちはそういうものやそういう生活の風景を歌にしている。

 僕たちは器用な人間じゃないから、目にしたものや鼻の奥で感じたものじゃないとうまく形にできない。だから僕たちはそれぞれの生活を大切にしたいのだ。