大津市の南滋賀遺跡で見つかった日本最古とされるこま(大津市御陵町・市役所)

大津市の南滋賀遺跡で見つかった日本最古とされるこま(大津市御陵町・市役所)

日本最古とされるこまが見つかった南滋賀遺跡の発掘現場(大津市南志賀3丁目)

日本最古とされるこまが見つかった南滋賀遺跡の発掘現場(大津市南志賀3丁目)

 大津市の南滋賀遺跡で、日本最古の木製のこまが見つかったと、大津市教育委員会が28日発表した。古墳時代後期の6世紀後半から7世紀前半に作られたとみられ、「他の出土物から考えると、遊具ではなく祭祀(さいし)に使われたのではないか」としている。

 こまは全長約6センチ、直径約4・4センチ。集合住宅の建設に伴い市教委が今年2~4月に同市南志賀3丁目で行った発掘調査で出土した。東西に伸びる幅1・8メートル、長さ約9・5メートル、深さ約50センチの溝の中から見つかり、同じ溝からは、祭祀に使われる細い木の板「斎串(いぐし)」や桃の種、土師(はじ)器や須恵器などの土器類も見つかったことから、祭祀に使われたとみられる。

 これまでに出土した最も古いこまは、藤原宮などから見つかった7世紀後半のものだった。今回出土したこまは、同じ場所から出土した土器類の特徴から、それより50~100年古いという。

 大津市の湖西南部では、渡来系文化の特徴を示すドーム型の石室がある古墳や、ミニチュア炊飯具などの副葬品、大壁建物跡などが見つかっていることから、市教委文化財保護課は「出土したこまも、朝鮮半島からもたらされた先進的な文化の一つと考えられる」と話す。

 9月1~10日(午前9時~午後5時)に、市役所(同市御陵町)の市民ギャラリーで展示される。無料。

■こまの風習、渡来系の人が持ち込んだこと裏付ける

 京都産業大の鈴木久男教授(歴史考古学)の話 今回見つかったこまは、これまで見つかっていたものと似ており、先行形と言える。南滋賀遺跡のあった地域は他の遺構や出土物から当時としては最先端の風習がみられ、こまを使う風習も渡来系の人たちが持ち込んだことが裏付けられたのではないか。