伊吹文明氏

伊吹文明氏

 第2次安倍政権下で衆院議長を務めた伊吹文明議員(京都1区)は28日、安倍晋三首相の辞任表明を受けて京都新聞社の取材に応じ、「旧民主党政権の下で混乱した日本の外交や経済、安全保障分野を立て直した点は評価できる」と総括。「調整型の議長と異なり、総理は決断しないといけない激職。コロナに感染するのは嫌、経済が落ち込むのも嫌という二律背反する国民の気持ちに寄り添うのは難しかった。内閣支持率の低迷が重荷となって持病が悪化する中、国政を遅滞させてはいけないとの判断だったのではないか」と指摘した。