京都府庁

京都府庁

 京都府と京都市は30日、20~70代の男女9人が、新型コロナウイルスに新たに感染し、入院中の70代男性が死亡したと発表した。府内の死者は23人、感染者は1448人となった。新規感染者はいずれも軽症か無症状で、4人の感染経路が判明していない。

 京都市によると、死亡したのは市内在住で基礎疾患があり、感染が判明した訪問介護サービスヘルパーの濃厚接触者だった。22日に入院し、28日に亡くなった。新規感染者は7人で、クラスター(感染者集団)が発生した、市内の保育園に通う園児の40代母親や大津市内のデイサービスに勤務する50代女性が含まれている。20代男性の再陽性も確認された。

 府の発表分は2人。1人は長岡京市在住の西乙訓高職員の50代女性で、生徒との濃厚接触はないという。消毒作業で31日は休校する。もう1人は、城陽市教育委員会学校教育課職員の50代女性で、27日に陽性と判明した同課の女性職員の同僚だった。