コインランドリーとカフェを併設した「カリフォルニアランドリーカフェ」(京都府福知山市篠尾新町)

コインランドリーとカフェを併設した「カリフォルニアランドリーカフェ」(京都府福知山市篠尾新町)

 京都府福知山市内で相次ぎ開店したアメリカンな雰囲気のカフェが、若い女性の人気を呼んでいる。“インスタ映え”を狙ったおしゃれなインテリアや、インパクトある見た目のスイーツが、会員制交流サイト(SNS)を通じて注目を集め、外国人観光客も立ち寄るなど市外からの来客が増えている。

 同市駅前町のケーキカフェ「キャプテンティーズ」。アメリカンダイナー(食堂)風の内装と、ずらりと並べられたおもちゃ類が特徴で、1月にオープンした。

 目玉商品は、「バービー人形」とドレスに見立てたカラフルなケーキを組み合わせた「ドールケーキ」(5千円から)。海外で人気の商品だが、府北部では物珍しいこともあり、展示品をスマートフォンで撮影したり、プレゼント用に購入したりする人が多いという。

 個性的な店内やケーキの画像が、写真共有アプリ「インスタグラム」などのSNSで「かわいい」と拡散され、地元の10~20代女性を中心に客足を伸ばしている。店長の高山慎也さん(37)は「スポンジにこだわり、味にも自信がある。今後も面白い商品を作って『スイーツのまち福知山』を盛り上げたい」と力を込める。

 同市篠尾新町の「カリフォルニアランドリーカフェ」は1年半前にオープン。コインランドリーに本格的カフェを併設した珍しい業態で人気を集めている。

 米国の西海岸をイメージした喫茶フロアの奥に、北欧から輸入したおしゃれな外観の洗濯乾燥機を設置。洗濯の待ち時間に、コーヒーや軽食を味わうことができる。SNSでは、コーヒーを片手に洗濯機の前でポーズを決めた写真が話題となり、韓国や台湾からも来客があるという。

 オーナーの藤田大輔さん(38)は「一度写真を撮って終わりでなく、何度も足を運びたくなるような地域の憩いの場を目指し、軽食メニューの強化やイベントの充実を図りたい」と展望を語る。