消火活動が続く火災現場(12日午前8時25分、京都市右京区嵯峨野南浦町)

消火活動が続く火災現場(12日午前8時25分、京都市右京区嵯峨野南浦町)

 12日午前7時20分ごろ、京都市右京区嵯峨野南浦町、86歳の女性方から出火、木造2階建て延べ約70平方メートルが全焼し、隣接する民家の外壁の一部が焼けた。女性が頭に軽いやけどを負った。

 右京署や市消防局によると、女性は1人暮らし。出火当時、自宅にいたが逃げ出して無事だった。

 近くに住む女性(76)は「建物から炎が噴き出していた。田村さんが路上にいたので私の家に避難させた」と話した。