新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、態勢強化を目指す亀岡市休日急病診療所(亀岡市安町)

新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、態勢強化を目指す亀岡市休日急病診療所(亀岡市安町)

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、京都府亀岡市は休日急病診療所の患者受け入れ態勢の強化を目指している。同時流行すると患者の殺到が懸念されるためで、診療所内での感染拡大防止策を徹底する。

 同診療所は同市安町の市保健センター内に開設され、日曜日と祝日、年末年始の午前9時50分~同11時半と午後1時~同4時半に患者を受け付け、市医師会の医師らが輪番で診療している。

 態勢強化案では診療態勢に看護師1人を追加し、受け付け段階で患者から症状を聞き取り、発熱など新型コロナやインフルエンザの恐れがある患者と、別の病気の患者を分ける。保健センターの屋外にテントを設営し、別々に診療できる態勢も整える。場合によっては診療時間を分けることも想定している。

 同診療所を受診する患者は、現在は新型コロナによる受診控えなどで1日10人程度だが、例年インフルエンザのピーク時には1日100人を超すこともある。市健康増進課は「同時流行とならないことを願うが、今からしっかり備えたい」としている。

 市は関連経費284万円を追加する本年度市休日診療事業特別会計補正予算案を、31日開会の9月議会に提案した。可決を経て順次実施する方針。