立命館大は12日、7日に実施した同大学と立命館アジア太平洋大の一般入試の選択科目「地理」で出題ミスがあった、と発表した。

 ミスがあったのは、立命大の「学部個別配点方式」と立命館アジア太平洋大の「英語重視方式」で、計242人が受けた。オーストラリア大陸の気候に関する問題の文中で、本来「亜寒帯低圧帯」と表記すべきなのに、「亜寒帯高圧帯」としていた。

 関係する問題2問(100点満点中計3点)を全員正解とし、合否判定する。合格発表は18日。