滋賀県警長浜署

滋賀県警長浜署

 滋賀県長浜市八幡中山町のアパートで8月にあった火災で、滋賀県警長浜署などは31日、現住建造物等放火の疑いで、ブラジル国籍の住居不定、無職の男(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月4日午前10時15~35分ごろ、当時住んでいた同町のアパートで、プロパンガス保管庫のガスボンベの栓を開けてガスを漏出させて火を放ち、階段など約80平方メートルを焼いた疑い。

 長浜署によると、容疑者は当時、顔や両腕などにやけどを負い、意識不明となり、同市内の病院に入院。容体が回復したため、逮捕した。この火災では、隣接する駐車場で車3台が燃え、住人の40代の女性も気分不良で搬送された。