京都地裁

京都地裁

 京都市伏見区の路上で2017年大みそかに男性2人が刃物で刺されて死傷した事件で、殺人と殺人未遂の罪に問われた中村正勝被告(51)の裁判員裁判の判決が12日、京都地裁であった。齋藤正人裁判長は殺人未遂については正当防衛を認めて無罪とし、殺人罪については過剰防衛だったとして懲役7年を言い渡した。求刑は懲役22年だった。

 判決によると、17年12月31日午後3時ごろ、伏見区肥後町の路上で、大津市のアルバイト猪飼将希さん=当時(27)=の知人の男性(47)からプラスチック製の箱で殴打された際、素手で突っ込んできた猪飼さんに対して、防衛の程度を超えて胸部を突き刺すなどして殺害した。

 齋藤裁判長は、判決理由で、知人男性らの攻撃は「いずれも急迫不正の侵害であり、反撃行為はやむを得ない」と認定。その上で猪飼さんへの反撃は「過剰なもので、致命傷に至らない他の手段を選択することが可能だった」とした。

 京都地検の鈴木眞理子次席検事は「判決内容を精査し、上級庁と協議の上、適切に対応したい」とコメントした。