谷畑英吾氏

谷畑英吾氏

 任期満了に伴う湖南市長選(10月11日告示、18日投開票)に、現職の谷畑英吾氏(53)が16日、5選を目指して無所属で立候補することを正式に表明した。

 市役所で記者会見した谷畑氏は、就任16年の成果として「破綻した財政を再建して安定感を持たせた」とし、道路整備といったハード面に加え、地域全体で学校を見守る「コミュニティ・スクール」導入や障害児に対する発達支援システムの構築、地域電力会社の設立といった教育・福祉・環境分野などでの全国的に特長ある取り組みを挙げた。その上で「SDGs(国連が掲げる持続可能な開発目標)未来都市の構築など、まちづくりの集大成とする必要性と責任を感じる」と立候補への思いを語った。

 多選の是非については、行政の継続性もあり一概には決められないとし、「課題によっては解決の時間が必要な場合もある。これまで通り『絶対的権力は絶対的に腐敗する』という言葉を胸に、さらに謙虚に取り組みたい」と述べた。

 政党の推薦や支援を要請するかは現時点で未定という。