滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は1日、新型コロナウイルスに感染した甲賀市の90歳以上の女性が死亡し、新たに草津市の30代男性と近江八幡市の20代女性の計2人の感染を確認したと発表した。県内の死者は6人目で、感染者は計452人になった。

 県によると死亡した女性は、クラスター(感染者集団)が発生した甲賀市水口町の特別養護老人ホームの入所者で、指定医療機関に入院中に老衰による誤嚥(ごえん)性肺炎を発症し亡くなった。新型コロナ感染とは直接関係ないという。

 新規感染者の2人はいずれも軽症。草津市の男性は県内の感染者の同僚で、近江八幡市の女性は、従業員の感染が判明している京都市内の飲食店を利用していたという。