木像は朽ちて手足の先がない。顔は摩耗し表情さえ分からない。虫食いの跡も多く、触れれば崩れそうなほど。それでも木の塊は、静かに立ってほほ笑む…