高性能医療用マスクの試作品を手にする竹田社長(右)と西村部長=大阪府吹田市・国立循環器病研究センター

高性能医療用マスクの試作品を手にする竹田社長(右)と西村部長=大阪府吹田市・国立循環器病研究センター

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)と試作品開発のクロスエフェクト(京都市伏見区)は2日、医療用の高性能マスクを共同開発すると発表した。感染予防として医療機関で多く使われる「N95マスク」が新型コロナウイルスの影響で不足し、同等の機能を持つ新たな国産医療資材を供給する。ダイキン工業とニプロの大手2社も加え、年内の製品化を目指す。

 4者でチームを結成し、クロスエフェクトも入居する同センターの研究拠点で開発を進めている。同社は強みである短時間の設計・試作ノウハウや樹脂製品の精密な複製技術を活用し、マスクの金型を作成。ダイキン工業はマスクに使うフィルターを供給し、ニプロが量産と販売を担う。


 米労働安全衛生研究所が定めた呼吸器防護具の規格「N95」を満たすマスクは、ウイルスなど5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の微細な粒子を95%以上捕らえることができる。新型コロナ感染症の流行で気管内吸引や挿管などの処置を伴う診療現場で使用が推奨されているものの品薄状態が続いており、同センターが独自開発に着手した。


 試作したマスクは、口元に装着する本体とフィルターを取り付けるカートリッジ部分で構成。本体は日本人の標準的な顔の形に合うよう設計し、カートリッジは着脱式で使用後に交換する。着用時も呼吸しやすいのが特徴という。