滋賀県の三日月知事(2020年8月)

滋賀県の三日月知事(2020年8月)

 滋賀県での2024年開催が内定している国民体育大会(24年から国民スポーツ大会に改称予定)について、三日月大造知事は、主催団体の日本スポーツ協会などから要請されている1年延期を受け入れる意向を固めた。早ければ15日にも県議会で表明する。


 2日に県庁で開かれた自民党県議団との政策協議会で、三日月知事は「(15日開会予定の県議会)9月定例会で考えを示す」と述べた。関係者によると、延期を受け入れる考えという。県は競技施設基準の緩和や延期で増える経費の財政支援について同協会やスポーツ庁と協議を進めている。


 国体を巡っては、新型コロナウイルス禍で今年の開催を断念した鹿児島県が23年開催を目指し、同年開催の佐賀県、24年の滋賀県に1年順送りを要請。開催県と共催する日本スポーツ協会とスポーツ庁も8月26日に滋賀県に延期を要請したが、三日月知事は回答を保留していた。