昨年の京都音楽博覧会で演奏する「くるり」のメンバー(京都市下京区・梅小路公園)=主催者提供

昨年の京都音楽博覧会で演奏する「くるり」のメンバー(京都市下京区・梅小路公園)=主催者提供

 京都出身のロックバンド「くるり」が毎年9月に梅小路公園(京都市下京区)で開催する野外音楽イベント「京都音楽博覧会」が、今年は新型コロナウイルスの影響を考慮し、20日夜にオンラインで営まれる。視聴券は一般のチケットに加え、新型コロナウイルス対策などの支援金を上乗せした寄付チケットも用意している。


 ライブには、くるりの他に、くるりのフロントマンの岸田さんが率いる「岸田繁楽団」が出演。京都発のバンド「Homecomings(ホームカミングス)」でボーカル・ギターを担当する畳野彩加さんらがゲストシンガーとして参加する。


 20日午後7時半開演。視聴券は、前売り3500円(当日4千円)。寄付チケットは5千円と、オリジナルTシャツが付く1万円の2通り。寄付金は、京都市の新型コロナウイルス対策支援「支え合い基金」と、梅小路公園の芝生の整備費に充てられる。券の購入は「京都音楽博覧会2020」のホームページから。問い合わせは、キョードーインフォメーション0570(200)888。