京都府警右京署

京都府警右京署

 架空の不動産取引を持ち掛けて現金をだまし取ったとして、京都府警右京署は3日、詐欺の疑いで、清掃会社社長の男(35)=京都市南区=と、経営コンサルタント会社社長の男(38)=下京区=を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して昨年11~12月、京都市内で土地を探していた不動産業の男性(28)に対し、「不動産を売ってくれる人が見つかった。頭金を準備してほしい」などとうそを言い、2回にわたって計2400万円を詐取した疑い。

 右京署によると、清掃会社社長の男は男性と仕事を通じて知り合い、土地購入に関する相談を受けていた。2人は男性に売買契約できるとして土地を紹介したが、所有者とは面識がなかったという。ともに「だましてはいない」などと容疑を否認しているという。